>

手頃にフォトウエディングをもっと手頃に

費用を抑えるポイント

平日に撮影/土日祝日よりも平日の撮影がだんぜん安いです。同じロケーション・衣装を着ての撮影なら平日を選ぶようにしましょう。
どれか一つに絞る/撮影地、衣装を1つに絞ります。何か所も選ぶとその分費用や時間がかかります。
また、和装よりも洋装の方が安く済むケースもあります。
無料オプションの確認・持ちこみ小物の活用/オプションによっては無料で付けれるものや有料になるものもあります。
事前の確認が必要です。
持ちこめる物は持ちこんで、無料で使えるものは使い、オリジナルのフォトウエディングにしましょう。
クーポン・割引券/企業によっては、クーポンや割引券を発行している所もあります。
安くできるなら使うに越したことはありません!

注意点

プラン内容によっては、何百枚と撮影して全部の写真(データ)を貰える所もありますが、何十枚と撮影しても渡せる写真(データ)は1枚だけのプランもあります。
基本的には衣装代+撮影代+写真代ですが、なかには写真代が別なところや、追加の有料オプションがあるところもあります。
プラン内容は担当者とよくすり合わせる事が大切です。
プラン内容によっては、アルバム作成も含まれている所もあり、このアルバムが高額になるケースもあります。
全部のデータを貰ってもアルバム作成の料金が高額なんて事も。
スタッフの言いなりにならずに、自分達で選択する必要もあります。
プラン内容をよく確認し、自分達のオリジナルのフォトウエディングで、二人だけの思い出を作ってください。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る